awesome city clubの1st.EP「TORSO」の紹介です。TORSOを製作するまでに起きた出来事やメンバーのTORSOへの想いをお伝えしています。
awesome city clubのメンバー 「awesome city club」はボーカル・ギター担当のatagi(あたぎ)、ボーカル・シンセマイザー担当のPORIN(ぽりん)、ギター・シンセマイザー・ボーカル担当のモリシー、ベース・シンセマイザー・ラップ担当のマツザカタクミ、ドラムス担当のユキエの男女5人からなるタイスケに所属する日本のバンドです。

どんなバンド?

2015年にビクターエンタテインメントよりメジャーデビューを果たします。4thアルバム発売や初のアコースティックツアーなど、2017年はawesome city clubにとって人間性をさらけ出しバンドの核を掴み直す一年となります。
バンドの胴体を表現したTORSO バンドの核を掴み直すような一年だったという2017年の最初のハイライトとなったのが、ベスト盤のリリースと同時期に行われた「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017」です。機材トラブルにより悲劇と喜劇が交錯する重要な1日を体験し、そこからの再生を刻む一枚として生まれたのが2018年にリリースした1st.EP「TORSO」です。

どんな作品?

セルフプロデュースにこだわりバンドにとって根幹となる本当に大切な部分TORSO(胴体)を表現した作品に仕上がっています。TORSOでリーダーシップを取ったメンバーのatagiいわく、「良い所も恥ずかしい所も全て見てもらおう」という気持ちでEPを作ったとコメントしています。自分達をはじめ、真っ直ぐに生きようとする人達を応援しようという熱いメッセージが伝わってくる作品です。
ジャケットアートワークも胴体が表現されています。 TORSOの収録曲 本作には映画レオンのエンディングテーマのために書き下ろしたMagnetを含め、ダンシングファイター、yesから二人始めましょう、燃える星などが収録されています。
がんばる人達へのメッセージソングという「ダンシングファイター」をはじめ、atagiくんらしさがよく出ている作品です。「TORSO」を通してatagiの熱い想いやawesome city clubのメッセージを感じ取ることで、ひたむきに頑張ろうという気持ちが高まると思います。バンドの根幹を見直した「TORSO」に注目です。

まとめ

awesome city clubファンでない人にもおすすめのEP メンバーのatagiがリーダーシップを取った「TORSO」について紹介しました。awesome city clubのファンをはじめ、懸命に何かに打ち込む人や勇気付けられたいという人にもおすすめのEPです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です