きのこ帝国は、日本のロック界で精力的に活動しているバンドの一つです。映画の主題歌を担当して話題を呼び、多く人達に知られるようになりました。
きのこ帝国とはどんなバンドなのでしょうか?こちらでは、きのこ帝国とオススメの曲を紹介したいと思います。

きのこ帝国とは?

きのこ帝国は、ボーカル兼ギターの佐藤千亜妃、ギターのあーちゃん、ベースの谷口滋昭、ドラムの西村コンからなる4人組のロックバンドです。2007年に大学の同級生で結成し、下北沢や渋谷を中心にライブ活動を行いました。
2012年には、ミニアルバム「渦になる」をインディーズレーベルで発表して業界内で話題を呼びました。
ライブ活動は全国各地で行われるようになり、2015年にはEMIRecordsと契約してメジャーデビューアルバムである「猫とアレルギー」を発表しました。

きのこ帝国の名前の由来は?

きのこ帝国というバンド名の由来は、結成当初にギター担当であるあーちゃんの服装が特徴的な「きのこ」のようだったことと、メンバー全員が「ゆらゆら帝国」のファンだったことから、「きのこ」とゆらゆら帝国の「帝国」を合わせて、「きのこ帝国」と名付けました。

きのこ帝国のおすすめの曲は?

きのこ帝国の楽曲は、どれも特徴的で心地よいサウンドが耳に残ります。どれもおすすめできる良い曲なのですが、中でも特におすすめできる曲を3曲ほど紹介します。

愛のゆくえは、映画「湯を沸かすほど熱い愛」のために書き下ろされました。「愛のゆくえ」は、バンドのファンだけでなく映画を見た人達からも注目を浴びた曲になります。
出世作と言っても過言ではありません。映画内に描かれている生と死、別れを忠実に表現しており、生と死、別れの中に暖かみがあるような不思議な感覚を与えてくれます。

WHIRLPOOLは、2012年には、ミニアルバム「渦になる」に収録されている曲です。サイケデリックでありシューゲイザーの要素を取り入れている特徴的な楽曲です。独特で斬新な詩を上手く歌い上げる佐藤千亜妃のセンスの良さを感じることができます。

桜の咲く前には、メジャーデビューアルバムである「猫とアレルギー」に収録されている曲です。ボーカルである佐藤千亜妃が、上京した時の気持ちを書いた曲になります。

ミドルテンポのサウンドの中に気持ちは前向きになろうとしているけれども、悲哀な感じを漂わせている曲で、佐藤千亜妃持つ切ない感じを最大限に活かしている曲といえます。

きのこ帝国を聴いてみよう

今回はきのこ帝国の成り立ちやおすすめの曲を紹介しましたがいかがでしょうか。ライブ活動も精力的に行っているようなので、会場できのこ帝国の世界観を感じて見る事も良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です