2018年にヒットしたアーティストの中で紹介したいのが神様、僕は気づいてしまった。ミユージックビデオに覆面姿で登場している彼らを見て衝撃を受けた人もいるでしょう。メンバーの詳細なプロフィールは明かされておらず謎めいた部分を持つロックバンドです。

神様、僕は気づいてしまったとは

メンバーはボーカル・ギターのどこのだれか、ギターの東野へいと、ベースの和泉りゅーしん、ドラムスの蓮の四人組で2016年の11月にデビューし「だから僕は不幸に縋っていました」のPVを公開。2017年3月に「僕の手に触れるな」のPVを公開し、同年の5月31日に「CQCQ」でメジャーデビューしました。「CQCQ」はTBS系テレビドラマ「あなたのことはそれほど」の主題歌に起用され注目を集めました。
7月26日には1stミニアルバム「神様、僕は気づいてしまった」を発売。シングルの「CQCQ」を含む7曲が収録されています。2018年の3月に「メルシー」のPVを公開し7月に配信限定でリリースされた「UNHAPPY CIUB」はテレビ東京系のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRDSEASON」の主題歌として起用されています。10月には約1年半ぶりとなる2ndシングル「ストレイシープ・匿名」はダブルA面シングルで、「オズランド笑顔の魔法おしえます。」の映画の挿入歌になっています。おすすめの曲はデビュー曲の「だから僕は不幸に縋っていました。」でこの1曲を聞けば、神様、僕は気づいてしまったの魅力がわかります。

その魅力は?

高い声を持つボーカルと彼ら独特の歌詞がダイレクトに伝わります。覆面姿で歌う神様、僕は気づいてしまった。ギターの東野へいと曰く楽曲を伝搬するにあたり邪魔になる表情を隠す意図があるとのこと。「僕の手に触れるな」でも歌詞を書く東野へいとの世界観を感じとることができます。大人になったが大人になり切れない自分への葛藤が見え隠れしているのがわかります。これが神様、僕は気づいてしまったの最大の魅力といえます。東野へいともボーカルのどこのだれかにしか歌えない曲と歌詞を作り続けている。

彼が歌うことによって意味のある言葉を選びたいと語っています。またどこのだれかは、ほかのバンドでは絶対に真似できない武器と東野へいとは語っています。女性よりも高いキーで歌われる曲と歌詞に注目して神様、僕は気づいてしまったを聞いてみてほしいです。

神様、僕は気づいてしまったの魅力

ボーカルのどこのだれかのハイトーンボイスと歌唱力、東野へいとが書く歌詞は聞く人を魅了する力を持っています。覆面姿で表情を見せないで歌う彼らの音楽に注目して是非、聴いてもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です